次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

カワハギの盛り合せ

カワハギは身が淡白なのでマリネにして生で食べるのがいいと思います。肝はあまりフレンチでは使わないですが、ズッキーニのパン粉焼きかフランにしてみたら意外に良かったので盛り合せにしてみました。カワハギのいろいろな調理をお楽しみ下さい。

- 材料・分量(1名分) -

  1. カワハギの肝のフラン/カワハギの肝 90g
  2. カワハギの肝のフラン/玉ねぎ 1/4コ
  3. カワハギの肝のフラン/だし汁 90cc
  4. カワハギの肝のフラン/生クリーム 90cc
  5. カワハギの肝のフラン/卵 1コ
  6. カワハギの肝のフラン/塩 3g
  7. カワハギの肝のフラン/こしょう 0.5g
  8. カワハギの肝のフラン/バター 30g
  9. カワハギの肝とズッキーニのパン粉焼き/カワハギの肝 1コ
  10. カワハギの肝とズッキーニのパン粉焼き/ズッキーニ(たて切り) 1/2コ
  11. カワハギの肝とズッキーニのパン粉焼き/パン粉 10g
  12. カワハギの肝とズッキーニのパン粉焼き/フレンチマスタード 20g
  13. カワハギの肝とズッキーニのパン粉焼き/トマトソース 20g
  14. カワハギのマリネ/カワハギの身のうす切り 4枚
  15. カワハギのマリネ/玉ねぎ(みじん切り) 1/4コ
  16. カワハギのマリネ/レモン 1/2コ
  17. カワハギのマリネ/塩 5g
  18. カワハギのマリネ/バージンオイル 30cc
  19. カワハギのマリネ/トマト(角切り) 4コ

- レシピの作り方 -

  1. カワハギの肝のフランを作る
  2. 鍋に玉ねぎとバターを入れて弱火で炒める
  3. 玉ねぎのあら熱がとれたらミキサーにだし汁、生クリーム、卵、塩、白こしょうを入れ粉砕する
  4. 細かい網でこしてガラスの器に55ccを入れ、70℃のスチームで30分加熱する。あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やす
  5. カワハギ肝とズッキーニのパン粉焼きを作る
  6. ズッキーニをたて切りにして中をスプーンで少しとる
  7. 肝にトマトソースとフレンチマスタードを合わせる
  8. ズッキーニに4をのせ、パン粉をかけて240℃のオーブンで8分加熱する
  9. カワハギのマリネを作る
  10. カワハギの身をうすく4枚切る。そこにレモン汁、玉ねぎみじん切り、塩、バージンオイルを全部合わせ、身を15分つけこむ
  11. お皿に7を盛りつけてトマトの角切りを上に添える

- 水産物情報 -

魚種名あずま産 皮はぎ

産 地鹿児島県

モンサンターブル

島袋貴行さん

沖縄県沖縄市高原1-4-14
TEL.098-933-7606
- その他のレシピ -