次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

スパゲッティー ヒラマサとキノコのアーリオーリオソース

スパゲッティーのソースにヒラマサとキノコが入ったアーリオーリオベースのシンプルな味付けですが、ヒラマサを塩付けにしその後、ローズマリーやニンニク、オリーブオイルでマリネし焼き上げているため、魚にしっかりとした風味と味がついていて、シンプルながら奥行きのある味に仕上がっています。

- 材料・分量(3名分) -

  1. ヒラマサ(上身) 900g
  2. 27g
  3. コショウ 3g
  4. レモン汁 1個
  5. オリーブオイル(EX) 300g
  6. ニンニク(スライス) 7g
  7. タイム、ローズマリー 適量
  8. スパゲッティー 300g
  9. ヒラマサ(焼いた物) 90g
  10. キノコ 50g
  11. ニンニク 7.5g
  12. タカの爪 1/2本
  13. オリーブオイル(EX) 35g
  14. プチトマト 3個
  15. パセリ 1g
  16. パスタ湯 100〜150cc
  17. 水菜 90g

- レシピの作り方 -

  1. ヒラマサは三昧におろし、皮、骨を取り除く。そうじしたヒラマサ900gに3%の塩27g、コショウ3gを全体にまぶしつける。バットにヒラマサを並べ、上にキッチンペーパーをのせて、その上からレモン汁をかけてラップをして1日つけ込む
  2. 次の日ヒラマサを水で十分に洗い塩をおとす。その後、キッチンペーパーで水分をふき取りバットに並べ、スライスしたニンニク、ローズマリー、タイム、オリーブオイル300gでマリネしラップして冷蔵庫で1日つけ込む
  3. 次の日ラップを取ってもう一度オリーブオイルをからめて、200℃にあげたオーブンで15〜20分焼き上げる。その後、あら熱が取れたら身を手で大きめにほぐし、タッパに入れ上からバットに残ったオリーブオイルを入れ混ぜ合わせておく
  4. スパゲッティーを3%の塩を入れた湯でゆがいていく
  5. ソースをつくる。オリーブオイル35gにニンニク7.5g、タカの爪1/2本入れフライパンを火にかける。ニンニクをゆっくりとあおり、きつね色に仕上げる。その後キノコを入れ軽くソテーし、パスタ湯を100〜150cc入れる
  6. 塩、コショウで味を調える。このときヒラマサに味がしっかりとついているので、若干弱めの塩味をするそこへ、ヒラマサ30g、4つにカットしたプチトマト3個、パセリ1g、水菜90gを入れあたためておく
  7. スパゲッティーがゆであがったらソースと和え、オリーブオイルEX (分量外で20g)をまわし入れパスタとよくからめて乳化させる。皿にもって出来上がり

- 水産物情報 -

魚種名萩産 ヒラマサ

産 地山口県

リストランテイタリアーノ ドン・フェデリーコ

岡田高広さん

広島県尾道市浦崎町1379-1
TEL.0848-73-5032
- その他のレシピ -