次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

縞鯵味噌漬け:真菜・りんごの白和え

ふっくらとした背や脂ののった腹はそのまま焼いて食べても美味しいですが、肩口や尾の方の身は繊維質で少し食べづらい部分です。一度焼き身をほぐす事により繊維感をなくし食べやすくしました。又、縞鯵は下味を漬けてから焼く事で醤油の香ばしさが加わり和え物にした際に良いアクセントになります。

- 材料・分量(4〜5名分) -

  1. 縞鯵 2切
  2. 真菜 1束
  3. りんご 1/2ヶ
  4. 豆腐(絹こし) 1丁
  5. A ねりごま
  6. A 薄口
  7. A みりん
  8. A 砂糖
  9. 味噌漬地(以下☆、店内で仕込む際の分量です)
  10. ☆上荒みそ(白) 3合
  11. にきり酒 5せき
  12. みりん 0.2せき

- レシピの作り方 -

  1. 縞鯵は三枚に卸し、骨を抜き切り身にする。切り身にしたものに塩をあて(1時間)、味噌漬地に漬け込む
  2. 漬け込んだ縞鯵を焼き(味噌漬の魚はこげやすいので注意)、あら熱が取れたら小さめに身をほぐしておく
  3. 豆腐は綺麗なタオル等にはさみ、バットにのせ上に同じ大きさのバットを重ね、上から重しをのせ、しっかりと豆腐の水分を抜く
  4. 豆腐を押している間に真菜を湯がき、八方地に漬ける
  5. りんごは皮付きのまま食べやすい大きさに刻み。塩水に漬けておく
  6. しっかりと水分を抜いた豆腐を裏ごし、調味料(A)と合わせ白和え衣を作る
  7. 先程用意した真菜、りんご、焼いたシマアジを白和え衣で合える
    ※真菜、、りんごはよく絞り水気をとっておく

- 水産物情報 -

魚種名尾鷲 シマアジ

産 地三重県

なにわ料理 有

古池秀人さん

大阪府大阪市北区東天満1-9-17
TEL.06-6232-8558
- その他のメニュー -