次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

鯛のとろろ蒸し

春に旬を迎える鯛にとろろをのせて蒸し上げています。同じく旬のタケノコやワカメ、一寸豆(ソラマメ)とともにお楽しみください。とろろと一緒にお召し上がりことで、するするとスムーズに喉越し良くいただけます。

- 材料・分量(3名分) -

  1. 真鯛(上身) 180g
  2. つくね芋 200g
  3. タケノコ 1本
  4. 一寸豆(ソラマメ) 6個
  5. ワカメ 100g
  6. 卵白 少々
  7. 少々
  8. 薄口醤油 大さじ2
  9. 出汁 2合
  10. 大さじ4
  11. 木の芽 15枚

- レシピの作り方 -

  1. 真鯛は1人前ずつ切り身にし、薄塩をあてる。15分おいたら90℃のお湯で霜降りにし、汚れやうろこを取り除く
  2. つくね芋をすりおろし、すり鉢ですり合わせ、卵白、少量の塩、薄口醤油で軽く下味をつける
  3. タケノコは下処理の後、出汁と薄口醤油で炊き、茹でたワカメも同様に色良く炊いておく
  4. 1の真鯛は、昆布(分量外)をしいた上にのせて酒をふり、8分ほど蒸す。火が通ったら2のつくね芋をのせ、蒸し器で軽く温める
  5. 3のタケノコとワカメ、塩茹でした一寸豆とともに器に盛り付ける
  6. タケノコを炊いた出汁を少し入れ、木の芽を添える

- 水産物情報 -

魚種名下波産真鯛

産 地三重県

綾小路 唐津

唐津将作さん

京都府京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町113-1
TEL.075-365-2227
- その他のメニュー -