次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

ヒラメあん肝和え ポン酢のジュレ掛け

ヒラメに軽く塩をして、裏ごししたあん肝で和えます。ポン酢のジュレと合わせて召し上がって頂きます。

- 材料・分量(1名分) -

  1. ヒラメフィーレ 50g
  2. 少々
  3. あん肝 10g
  4. ポン酢 15ml
  5. ゼラチン 1g
  6. 芽ネギ 0.1P/C
  7. 花穂 0.1P/C

- レシピの作り方 -

  1. ヒラメフィーレは皮を引き両面に軽く塩を当て10分置く。10分経ったら水分をふき取って置く
  2. あん肝は、筋と薄皮を取り除き、水の中でもみ血を抜く。よく水分を切ってから蒸し器で15分蒸す
  3. ポン酢15mlにゼラチン1gを煮溶かし、冷蔵庫で冷やし固める。固まったら箸などで崩しておく
  4. ⑴を1枚10gに切り分け、計5枚用意する。⑵のあん肝を裏ごしし、よく和える
  5. 器に⑷と⑶を盛り付け。芽ネギと花穂を散らす

- 水産物情報 -

魚種名大原産 ヒラメ

産 地千葉県

暗闇坂宮下麻布本店

西直人さん

東京都港区元麻布3-12-1アベストコートB1F
TEL.03-3402-2655
- その他のレシピ -