次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

たけのことマグロのはさみ揚げ 揚げごぼうとふきのとう味噌と共に

脂ののったマグロを京風出汁で炊いたたけのこではさみ揚げ、細く切った揚げごぼうと自家製ふきのとう味噌と共にお召し上がり下さい。春の食材をふんだんに使いました。

- 材料・分量(1名分) -

  1. たけのこ 約55g
  2. マグロ 約40g
  3. こしょう 適量
  4. 小麦粉 適量
  5. 1コ
  6. パン粉 適量
  7. 新ごぼう 30g
  8. 木の芽 適量
  9. ふきのとう 約5コ
  10. 合わせ味噌 100g
  11. 三ッ葉の軸 適量
  12. キクラゲ 適量

- レシピの作り方 -

  1. たけのこを白出汁で炊く
  2. マグロにブラックペッパー粗挽する
  3. たけのこをマグロと同じ大きさにカットしはさむ
  4. たけのこではさんだマグロに小麦粉をつける
  5. とき卵を用意し、マグロをくぐらせ、その後にパン粉をつける
  6. 揚げごぼうを作る。新ごぼうをきざむ。水分をペーバー等でとってから170℃の油で2〜3分素揚げする。油をきっておく
  7. パン粉をつけたマグロを175℃の油で約5分きつね色になるまで揚げる
  8. よくきったマグロを一口サイズくらいにカット。ふきのとう味噌を置く
  9. 揚げごぼうを添える。木の芽をじくからはずし、パラパラかける
  10. 【ふきのとう味噌の作り方】ふきのとうをふいて、よごれを取る。170℃の油で約1分素揚げする。よく油をきった後、ふきのとうをザルに入れ、お湯をかけて油抜きする。油抜きしたふきのとうの水気をとり、細かくきざむ。合わせ味噌と合わせて完成

- 水産物情報 -

魚種名天草 ホンマグロ

産 地熊本県

和しょく 志喜

島津卓志さん

京都府京都市中京区押小路高倉西入る左京町137
TEL.075-201-6262
- その他のメニュー -