次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

サバとビーツのマリネ フランボワーズと西洋ワサビのアクセント

コースの最初にお出しする料理で、香ばしい米粉のチップの上に3種の酢でマリネしたサバとビーツをのせ、アクセントにサワークリームと西洋ワサビを盛りつけました。食欲を刺激する酸味、辛味などを一口で感じて頂くフィンガーフードになっています。

- 材料・分量(1名分) -

  1. サバ 30g
  2. 米酢 50cc
  3. 白ワインビネガー 50cc
  4. ビーツ 1ヶ
  5. フランボワーズビネガー 50cc
  6. ハチミツ 5g
  7. サワークリーム 40g
  8. ホースラディッシュ(西洋ワサビ) 5g
  9. 50g
  10. ディル 適量

- レシピの作り方 -

  1. 頭を落とし、内臓を取り血をよく洗い流し、水気をしっかり切ったサバを吸水シートで包んで1日おく
  2. ①を3枚におろしてフィレをバットに並べ3:1の割合で合わせた塩と砂糖を両面にふり、2時間冷蔵庫におく。そして流水で洗い流し、中骨と小骨を取り除いてから氷水にくぐらせてから水気をしっかり切る
  3. ②を米酢と白ワインビネガー同割で合わせたバットに入れ、30分浸しておく
  4. バットからサバを引き上げて水気をふきとり、5mm角のサイコロ状にカットする
  5. ビーツをアルミホイルで包み、180℃のオーブンで1時間串が通るまで蒸し焼きにする
  6. ⑤のビーツを冷まして皮をむき、5mm角にカットしてフランボワーズビネガーとハチミツを混ぜてマリネ液に30分浸す
  7. 小鍋に米と水を入れ弱火で火にかけ30分おかゆ状になるまで炊き、ミキサーでまわしてピュレ状にする
  8. ⑦をオーブンシートを敷いたバットに2mmに伸ばして100℃のオーブンで乾燥するまで焼き、180℃の油で揚げる
  9. ⑧の米チップに④のサバと⑥のビーツを合わせたものを盛り、仕上げにすりおろした西洋ワサビを混ぜたサワークリームとディルをちらす

- 水産物情報 -

魚種名サバ

産 地大分県

イル・チェントリーノ

北口智久さん

大阪府大阪市中央区瓦屋町1-2-2
TEL.06-6762-5901
- その他のメニュー -