次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

ヒラメのポワレ 春菊とあさりのソース

冬に美味しい肉厚のヒラメを香ばしく焼き上げ、あさりの出汁と緑の野菜のピュレで召し上がっていただきます。緑のピュレは菜の花やブロッコリーでも美味しいですが、今回は春菊を使ってみました。春菊独特の風味とあさり、ヒラメのマリアージュをお楽しみください。

- 材料・分量(1名分) -

  1. ヒラメ 100g
  2. あさり 50g
  3. エシャロット 5g
  4. ニンニク 2g
  5. 白ワイン 20g
  6. オリーブオイル 15g
  7. ジャガイモ 40g
  8. 牛乳 15g
  9. バター 10g
  10. ブロッコリーニ 1本
  11. ゴボウ 40g
  12. 春菊 1/4束
  13. ヴァージンオリーブオイル 5g
  14. オリーブオイル 適量

- レシピの作り方 -

  1. 春菊の柔らかい葉だけちぎる。沸かした塩水(分量外)で指ですり潰せる柔らかさになるまで茹でる。冷水(分量外)にとり、よく冷やしてからミキサーでなめらかになるまで回す。ブロッコリーニも茹でる
  2. 鍋でスライスしたエシャロットとニンニクをオリーブオイルで炒め、あさりを入れてさらに軽く炒める。白ワインを入れたら蓋をして、あさりが開くまで蒸し煮にする。あさりと出汁は分け、あさりの出汁と春菊のピュレを混ぜて味を整え緑のピュレにする
  3. ジャガイモを1cm角に切り塩水(分量外)で茹でる。柔らかくなったら、粉吹き芋のように水分を飛ばしながらフォークで粗めに潰す。牛乳、バターを加え味を整える
  4. ヒラメは皮を引いておく。オリーブオイルで狐色になるまで中火でじっくりと焼き、裏返して火を弱め軽く焼く。余熱で火を入れる
  5. ゴボウは細長いスライスにし、低温の油でじっくりと揚げる。あがりに塩(分量外)をふる
  6. 皿にソースを敷き、ジャガイモ、ヒラメを盛る。その上にブロッコリーニ、あさり、ゴボウを盛り、最後にヴァージンオリーブオイルを回しかける

- 水産物情報 -

魚種名錦産 ヒラメ

産 地三重県

ル モンド グルマン

嘉藤貴士さん

東京都目黒区緑が丘2-17-15
TEL.03-5726-8657
- その他のメニュー -