次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

黒酢しめ鯖の老虎菜

脂の乗ったサバを、アミノ酸豊富な鎮江黒酢で締めました。
合わせるのは、北京の名菜『老虎菜』虎は老いて大人しく見えても、凶暴である。そんな由来を持つ香菜に青唐辛子を忍ばせたものです。香菜だけでなく『せり』も合わせ、香りを重ねました。胃腸を刺激する前菜にピッタリの一皿。      

- 材料・分量(4名分) -

  1. 半身
  2. せり 30g
  3. 香菜 20g
  4. 茗荷 20g
  5. 青唐辛子(酢漬け) 少々
  6. ライムの表皮 少々
  7. 揚げたカシューナッツ 少々
  8. 砂糖 少々
  9. 60g
  10. 鎮江黒酢 100cc
  11. 米酢 100cc
  12. 塩、砂糖、ライム汁、ネギ油、青山椒油 各、少々

- レシピの作り方 -

  1. 鯖は三枚におろす
    砂糖少々をまぶしてから、塩を揉み込み4時間置く
  2. ①を流水で洗い、水気を切ってから、合わせた酢に60分漬ける
    酢から取り出し、一度冷凍しておく
  3. ②は解凍しスライスしておく
  4. せり、香菜は5センチに、茗荷は細切りにし、流水して水気を切っておく
  5. 青唐辛子は微塵切り、ライムはおろし金で皮を擦る
  6. ボウルに合わせた調味料(塩~青山椒油)と③④⑤を入れ、やさしく合える
  7. 重なるように器に盛りつけ、砕いたカシューナッツを散らす。(写真は2人前です)レシピは作りやすいように4人前にしてます

- 水産物情報 -

魚種名かまえ サバ

産 地大分県

中国料理 翠園

古藤和豊 さん

大阪府吹田市芳野町13-45
TEL.06-6386-2750
- その他のレシピ -