次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

カキの治部煮と白葱の焼浸し

寒さも厳しくなると、カキの身が引き締まりグリコーゲンをたっぷりと蓄える時期となります。本来、鴨肉でよくする金沢の郷土料理でもある「治部煮」をこのカキを使って短時間でしかも加熱してもプリプリの食感のまま身が固くなりにくい料理法をご紹介します。

- 材料・分量(4名分) -

  1. カキ 8個
  2. 白葱 1本
  3. 青葱 1本
  4. A 日本酒 90cc
  5. A 濃口しょう油 90cc
  6. A みりん 100cc
  7. A 砂糖 12g
  8. B 鰹出汁 200cc
  9. B 薄口しょう油 少々
  10. 片栗粉 適量
  11. 木ノ芽 適量

- レシピの作り方 -

  1. カキを殻から外し、流水で洗いキッチンペーパーなどで拭き上げる(貝柱に殻がついてない事を確認する)
  2. カキに片栗粉を薄く付ける(余分な半分はしっかり落とす)
  3. (A)を合わせ鍋に入れ、火にかける
  4. 合わせ地(A)が沸騰したらカキを入れる
  5. 合わせ地(A)が再度沸騰したら中火にしてカキがむっくりふくらみ地がからんだら鍋から取り出す
  6. 残った合わせ地(A)を少し煮詰めてカキの上からかける
  7. 予め用意した白葱の焼浸しを盛りつけ、木ノ芽をとめて出来上がり

- 水産物情報 -

魚種名石巻 カキ

産 地宮城県

和ごころ 泉

泉昌樹さん

京都府京都市下京区烏丸仏光寺東入ル一筋目南入ル匂天神町634-3
TEL.075-351-3917
- その他のメニュー -