次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

ヒラメの昆布〆の胡麻がけと大阪菊菜と金時人参のお浸し

昆布〆にすることでヒラメに昆布の旨味を移し、少し厚めに切ることでモチッとした食感にしています。そして彩りを良くするために大阪菊菜、金時人参を使い、最後に香りづけで針柚子をのせています。

- 材料・分量(3名分) -

  1. ヒラメ 100g
  2. 昆布 2枚
  3. 大阪菊菜 120g
  4. 金時人参 15g
  5. 柚子 1欠片
  6. 《(a)お浸しの地》
  7. (a)出汁 100ml
  8. (a)薄口醤油 20ml
  9. (a)味醂 20ml
  10. 《(b)胡麻ダレ》
  11. (b)出汁 10ml
  12. (b)胡麻ペースト 20g
  13. (b)砂糖 15g
  14. (b)薄口醤油 10ml

- レシピの作り方 -

  1. 《平目を昆布〆にする》
     柵のままのヒラメに薄く塩を振り20分おく。その後昆布に挟んで10時間
  2. 《材料を用意する》
     (a)お浸しの地と(b)胡麻ダレを分量通り合わせる。(胡麻ダレはダマがなくなるまでよく混ぜて冷蔵庫へ。お浸しの地は火にかけてアルコールを飛ばして冷ます。)大阪菊菜と金時人参を塩茹でし、氷水で冷ます。絞って水気を切ったらお浸しの地に浸す
  3. 《盛り付け》
     10時間挟んだヒラメを昆布から外して少し厚めにそぎ切りする。奥にお浸しを添えて上から胡麻ダレをかけて針柚子をのせて完成

- 水産物情報 -

魚種名ヒラメ

産 地香川県

北新地 弧柳

松尾慎太郎さん

大阪府大阪市北区堂島1-5-1 エスパス北新地23 1F
TEL.06-6347-5660
- その他のメニュー -