次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

帆立貝のソテー 赤味噌ソース添え

お刺身でも食べられる新鮮な帆立貝をバターでソテーし、卵黄のあんをのせて
アボカドをあしらいました。赤味噌のソースによく合うお酒もご飯もすすむ一品です。

- 材料・分量(2名分) -

  1. 帆立貝 120g
  2. バター 12g
  3. こしょう 適量
  4. トマト 150g
  5. 卵黄 40g
  6. 赤味噌 15g
  7. 豚ひき肉 40g
  8. 里芋 40g
  9. 人参 30g
  10. だし汁 30g
  11. 日本酒 15g
  12. 牛乳 30g
  13. アボカド 30g

- レシピの作り方 -

  1. たけのこ、人参、里芋を粗めのみじん切りにする
    トマトは輪切りにする
    帆立貝は貝柱のみを使う
  2. 帆立貝柱を半分にスライスする
  3. フライパンで豚ひき肉を炒め、色が変わったらたけのこ、人参、里芋を投入し中火でさらに炒める
  4. 全体にとろみがついてきたら、赤味噌、だし汁、日本酒を加え
    赤味噌ソースを作る
  5. 鍋に卵黄と牛乳を入れ、弱火でかき混ぜながら
    ゆっくり煮詰めマッシュポテトくらいのまとまりになるまで混ぜる(黄身あん)
  6. フライパンに火をかけ、バターを投入し帆立をソテーする
    好みの焼き加減になったら、こしょうを振りかける
  7. お皿にトマトをしき、その上に帆立貝、黄身あん、アボカドをのせる
  8. 別皿に赤味噌ソースを盛り付ける

- 水産物情報 -

魚種名野付産 ホタテ

産 地北海道

朝市炉端 五聚富

結城延男さん

北海道函館市若松町11-16
TEL.0138-76-6004
- その他のレシピ -