次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

佐渡南蛮海老のなめろう

佐渡の南蛮海老を使い、頭は油で香りと味噌の旨味を引き出し、身は軽くたたくことでプリッとした触感を残しつつも混ぜることでねっとり感も味わえます。殻を加熱してパウダーにすることで更に香りをプラスしています。見た目も美しく、葱のシャキシャキした触感と合わせ、海老の魅力を凝縮しています。

- 材料・分量(1名分) -

  1. 南蛮海老 6尾
  2. 太白胡麻油 30cc
  3. 昆布 3cm角
  4. 味噌 小さじ1
  5. 大場 2枚
  6. 長葱 3cm
  7. 万能葱 適宜
  8. 200cc

- レシピの作り方 -

  1. 前日に昆布を水に入れて置き、昆布出汁を取ります。(①)次に海老の頭をとり、殻を剥きます。海老をそれぞれ頭・身・殻と分けておきます。
  2. 海老味噌ソース→太白胡麻油で頭を炒めて香りを出します。次に、炒めながら木べら等で頭を潰し、中の味噌を出します。香りが立ってきたら①の昆布出汁を入れ旨味を抽出し、煮詰めていきます。程よく水分が飛んだら、味噌を加えて味を調え冷やしたらソースの完成です。(②)
  3. 海老パウダー→エビの殻を120度のオーブンで30分程入れ、焦げないようにパリパリに乾燥させます。次に、ミルサーで粉砕し海老パウダーの完成です。(③)
  4. なめろう→万能ねぎを刻んでおきます。(④)長葱、大葉をみじん切りにし、海老の身を軽くたたきます。(⑤)ボールで②と⑤を混ぜてなめろうの完成です。(⑥)
  5. 盛り付け→⑥のなめろうの上に、③の海老パウダー、④の万能ねぎを載せて完成です。

- 水産物情報 -

魚種名南蛮海老

産 地北海道

五郎 古町店

諏佐尚紀さん

新潟県新潟市中央区古町通8番町1446
TEL.025-229-5379
- その他のレシピ -