次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

帆立のフライ 肝の塩辛ソースと菊芋のタルタル

帆立の貝柱を脱水して旨味を閉じこめて、生の質感を残したフライに仕立て、ワタの部分を塩辛にして貝ヒモと合わせてソースにしています。もう一種類のソースは菊芋でガリを作ってタルタルにしています。

- 材料・分量(1名分) -

  1. 帆立貝 2枚
  2. 塩(帆立の肝の2%) 適量
  3. 4ヶ
  4. 小麦粉
  5. パン粉
  6. 菊芋 2ヶ
  7. きび酢 90cc
  8. マヨネーズ 大さじ3
  9. マスタードスプラウト 少々

- レシピの作り方 -

  1. 帆立の部位ごとに分けて下処理をする。肝に2%の塩をあてる(冷蔵庫で5時間ほどねかせる)
  2. 菊芋をうすくスライスしてきび酢で作った漬け地に漬けこむ。冷蔵庫で一番漬ける ※漬け地(酢2、水4、みりん1の割合)
  3. 卵をゆで、カラをむき、菊芋の酢漬けと一緒にたたいてマヨネーズとまぜる
  4. 塩漬けした肝をたたいて、貝ひもをきzなんだものと混ぜ合わせる
  5. 帆立の貝柱にうすく塩をあてて脱水する
  6. 貝柱に小麦粉、とき卵、パン粉で衣をつけて、180℃に熱した油で中に火が通らないように短時間で揚げる
  7. 皿にソースとなる塩辛とタルタルを盛り、揚げた貝柱ののせてマスタードスプラウトを塩辛の方にあしらう

- 水産物情報 -

魚種名ホタテ

産 地宮城県

荒木町 ろっかん

福田健大郎さん

東京都新宿区荒木町1-1 2F
TEL.03-3359-5595
- その他のメニュー -