次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

スズキのレボサードとバスク産唐辛子のソース

卵の衣で揚げ焼きにした白身魚のお量です。シースはバスク産の唐辛子の酢漬けでつくったもので、酢の酸味と唐辛子の絡みが特徴。魚はオリーブオイルで揚げることで、油切れが良く、しっとりと仕上がりました。ムール貝の磯の香りとともにお楽しみください。

- 材料・分量(2名分) -

  1. スズキフィレ 80g
  2. 1個
  3. ムール貝 4粒
  4. 百合根 2枚
  5. マイクロフェンネル 適量
  6. オリーブオイル(揚げ油) 適量
  7. バスク産唐辛子の酢漬けの酢 70g
  8. (A)バスク産唐辛子の酢漬け(ヘタをとったもの) 80g
  9. (A)ニンニク 5g
  10. (A)パセリの葉 20g
  11. (A)エキストラバージンオリーブオイル 100g
  12. (A)ライム果汁 7g
  13. (A)水 30g
  14. (A)固くなったパンの白い部分 35g

- レシピの作り方 -

  1. Aの材料でバスク産唐辛子のソースを作る。Aの材料をすべてミキサーに入れ、細くなるまで粉砕し、バスク産唐辛子の酢漬けの酢を加える。酸味を確認しながら加え、塩(分量外)で味を整える
  2. ムール貝は少量の白ワイン(分量外)と鍋に入れ、蓋をして火にかける。ムール貝が開いたら身を取り出し、ヒゲをとり、冷ましておく
  3. スズキは塩(分量外)をふる。1時間ほど置いたら強力粉(分量外)をまぶし、溶いた卵にくぐらせ、卵液をきっておく
  4. オリーブオイルを160℃くらいに熱し、4のスズキを入れ、ゆっくりと温度を上げながら加熱していく。このときオリーブオイルはスズキの身の高さの1/3くらいまで入れ、転がしながら揚げていく
  5. スズキがきれいに前面色づいたら引き上げ、温かい場所で休ませる。その間に百合根を同じ油でさっと揚げ、小さくカットしておく
  6. 皿に1のソース15gずつ流し入れ、1/2にカットしたスズキを盛り付ける。スズキは断面を上にし、その上に軽く温めた2のムール貝をのせ、百合根、マイクロフェンネルを散らす

- 水産物情報 -

魚種名相馬産スズキ

産 地福島県

ガストロテカ ビメンディ

高橋育子さん

大阪府大阪市西区靱本町1-5-9 ボヌールエイワ1F
TEL.06-6479-1506
- その他のメニュー -