次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

カンパチと野菜の和へもの

カンパチとお浸しにした野菜の和えものです。さまざまな食感、風味がカンパチの香りと相性が良いと思います。ぜひ、野菜とカンパチを一緒に口いっぱいに頬張って味わってみてください。

- 材料・分量(2名分) -

  1. カンパチ 60g(1人前10g×3枚)
  2. 九条ネギ 1本文(40g)
  3. 菜の花 24g
  4. わさびの花 20g
  5. 水菜 10g
  6. 64g(1人前16g×2枚)
  7. アスパラ 24g
  8. スダチ 1個(15g)
  9. 濃口醤油 7.5cc
  10. わさび 1.2g
  11. 薄口醤油 2.5cc

- レシピの作り方 -

  1. カンパチは皮をひき、皮目をバーナーで炙り、2枚バットで冷やす。永の入ったバットの上にバットを置き、その上に皮目を下にして冷やす
  2. わさびの花は80℃でさっと湯で、密封タッパに入れ冷蔵庫で8時間置く
  3. 酒50cc、みりん50cc、砂糖24g、醤油75cc、酢50cc(すべて分量外)をアルコールを飛ばし合わせたものに、辛味が出た2のわさびの花を漬けておく
  4. 出汁200cc、淡口醤油5cc、塩ひとつまみ(すべて分量外)で、すい汁を作る。そこに、一口大に切ってから湯がいた、菜の花、九条ネギ、アスパラを漬ける
  5. 水菜は一口大に切り、水気をとる
  6. 出汁150cc、淡口醤油3cc、濃口醤油3cc、酒少々、塩ひとつまみ(すべて分量外)を合わせ、筍を炊き、冷やしておく
  7. 4のすい汁を75cc取り出し、わさび、濃口醤油、淡口醤油、スダチの絞り汁を合わせる
  8. カンパチを濃口醤油(分量外)で洗い、7の合わせ汁と野菜と一緒に和える

- 水産物情報 -

魚種名カンパチ

産 地大分県

赤坂おぎ乃

荻野聡士さん

東京都港区赤坂6-3-13 1F
TEL.03-6277-8274
- その他のメニュー -