次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

鱈と白子の親子ムニエル

新鮮な素材の良さを生かすシンプルで王道な調理方法にしました。
鱈の身のフワフワ感と白子のクリーミーさがより際立つように表面はカリッとバターの風味を十分に含ませる焼き方がポイントになります。

- 材料・分量(2名分) -

  1. 鱈 三枚下ろし 切り身 160g
  2. 強力粉 適量
  3. オリーブオイル 大さじ1
  4. 生クリーム 120cc
  5. 黒胡椒 少々
  6. ディル 2〜3枚
  7. 鱈の白子 120g
  8. 白ワイン 30cc
  9. 無塩バター 15g
  10. 少々
  11. プチトマト 1/2個
  12. 牛乳 200cc

- レシピの作り方 -

  1. 鱈の身は表面に軽く塩をして15分ほど置く
    白子は1時間ほど牛乳に浸して臭みを抜く
  2. 鱈の身と白子の水気をリードペーパーでしっかりとって
    両面に塩、胡椒をする
  3. 鱈の身と白子に強力粉をたっぷりとまぶしてしっかりはたく
  4. テフロンフライパンにオリーブオイルを温め、鱈と白子を
    表面が焦げないように中火でソテーする
  5. 4,の両面がカリッとなったらバターを加えて、溶けたバターをスプーンで
    鱈と白子にかけながら中まで火を通す
  6. 鱈と白子を取り出し、フライパンに残ったバターをリードペーパーで拭き取り
    白ワインを加え、アルコールが飛ぶまで煮る
  7. 6,に生クリームを加え、2/3ほど煮詰めて塩胡椒で味を整える
  8. 皿に鱈と白子を盛り付け6,のソースをかける
  9. プチトマトとディルの葉を添えて完成

- 水産物情報 -

魚種名陸奥 マダラ

産 地青森県

レストラン栗樹楼

堀川和子さん

福井県福井市中央1-21-36 サンロートビル3F
TEL.0776-22-3829
- その他のレシピ -