次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

サザエと地物野菜の土鍋飯(自家栽培讃岐米)

活サザエを旬の地物野菜と一緒に観音寺の名物伊吹いりこで出汁をとった調味出汁で炊き上げます。米は新米で自家栽培の讃岐米を使用しています。

- 材料・分量(4名分) -

  1. 2合
  2. 出汁(店ではいりこ出汁) 220cc
  3. 薄口醤油(店では自家製だし醤油) 28cc
  4. 料理酒 28cc
  5. 少々
  6. 干ししいたけもどし出汁 120cc
  7. サザエ 4個
  8. 金時人参 40g
  9. 薪ごぼう 40g
  10. 干ししいたけ 4個
  11. 春菊 2把

- レシピの作り方 -

  1. 下ごしらえ
    米を洗いザルに上げておく
    干ししいたけはできるだけ前日にもどしておく(4個なら150ccの水で)
  2. 出汁をとる
    (店では伊吹島産のいりこを前日に浸しておき、昆布を一枚入れておく
    当日沸くまで火を入れ、沸いてから弱火で5分ほど炊き濾す)
  3. 野菜を賽の目に切る
    サザエは海水で一晩置いておいて、砂抜きをする
    (ボウルに1Lのみずに対して塩30gを加えて混ぜ、海水を作る)
  4. 殻はしっかり洗い、殻と身の間にナイフを入れ、貝柱をとる
    左回りに引き抜くと取りやすい
    貝柱の周りのびらびらは捨てて良い
    赤い色の口も捨てる この状態で塩で軽くもみ洗いし食べやすい大きさに切る
  5. 土鍋調理
    土鍋に分量通りの材料を入れていく
    米→干ししいたけ→ごぼう→人参→サザエ→春菊の芯(葉は最後で良い)
    出汁、干ししいたけもどし出汁、薄口醤油、酒、塩少々を分量通り混ぜ合わせ入れる
  6. 蓋をして、中火で15分炊く(このくらいになると湯気が出てくる)
    湯気の匂いが香ばしくなってきたら弱火で10分炊く(この時焦げないように注意)
    火を止めて10分待って出来上がり

- 水産物情報 -

魚種名松輪 サザエ

産 地神奈川県

IZAKAYA 時々jiji 観音寺本店

安藤祐揮さん

香川県観音寺市昭和町1-8-39
TEL.0875-25-6511
- その他のレシピ -