次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

鯛の田楽

新鮮な鯛と京都の白味噌を使い、鯛味噌を作りました。鯛の切り身を炭火で焼き、その上に鯛味噌をのせて田楽に仕上げました。酒の肴としていかがでしょうか?

- 材料・分量(5名分) -

  1. タイ(カマのほぐし身) 100g
  2. 100g
  3. タイ(切り身) 500g(一切れ100g)
  4. 少々
  5. 【合わせ味噌】 【作りやすい分量】
  6. 白味噌 400g
  7. 卵黄 4個分
  8. 砂糖 40g
  9. みりん 72g
  10. 144g
  11. 合わせ味噌(5人分) 200g

- レシピの作り方 -

  1. コンベクションオーブンを設定(コンビ機能、160℃、風量標準、蒸気100%)し、タイのカマを25分焼きます

  2. タイのカマは骨が入らないように気を付けながら、細かくほぐします
  3. 鍋にカマの身、酒を入れて中火で炒り煮します。水分を飛ばしながら身をよくほぐし、水分がほぼ無くなったら火を止めます
  4. ボウルに溶きほぐした卵黄、白味噌、砂糖、みりん、酒を入れて混ぜ合わせます

  5. 鍋に4を入れて弱火にかけ、20~30分混ぜ続けます。味噌に火が通り、照りが出たら合わせ味噌の完成です
  6. 3と5を合わせます。固いようなら、みりんを足して調整します

  7. タイの切り身に薄く塩を振り、炭火で両面を焼きます

  8. タイの皮目に6を塗ります。フライパンにタイを入れて味噌が温まるまで、弱火で蒸し焼きにします

  9. 器に8を盛り付けて完成です

- 水産物情報 -

魚種名串本産 マダイ

産 地和歌山県

炭火 かず家

森純一さん

京都府京都市中京区紙屋町364
TEL.075-256-8886
- その他のレシピ -