次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

帆立のバター焼き ミニ焼おに添え

帆立のバター焼きのおいしさを味わい尽くそうと思った際に、いつもカラの中に残っているバター正油のお出汁がもったいないと思っていました。今日はミニ焼おにぎりを添えることで、全ておいしく食べていただこうと言うメニューです。

- 材料・分量(1名分) -

  1. 帆立 1個
  2. 白飯 20g
  3. 30cc
  4. 正油 5cc
  5. バター 3g
  6. レモン 1/20個
  7. チャービル 適量

- レシピの作り方 -

  1. 帆立はカラを開け、よく水洗いして砂や汚れを取る
  2. 白飯20g(寿司のシャリ1貫分程の量)を俵型に握り炭火で焼き、焼目が付いたら正油2ccを振りかけて焼き上げる
  3. 帆立は深さのある方のホタテのカラを皿代わりにして、帆立1個分、酒20ccを入れて焼く
  4. 帆立の下半分に火が入ったら上下をひっくり返し、お酒の水分が少なくなってきている様なら酒10ccを加えてミディアムレアに焼く
  5. 上がりに正油3ccとバター3gを加えてバターが溶けたら完成
  6. 器に盛り付け、ミニ焼おにぎり、半月切りのレモン、チャービルを添えて提供する

- 水産物情報 -

魚種名函館産 帆立

産 地北海道

咲か蔵 南1条店

佐藤弘樹さん

札幌市中央区南1条西5-16プレジデント松井ビル2F
TEL.011-207-7766
- その他のレシピ -