次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

ホタテとディルの生春巻き

ホタテが主役の生春きです。ホタテは塩とレモングラス、コブミカンの葉でマリネしてあります。中にはパイナップル、ビーツ、林檎が入っていてフルーティーな味わいです。アクセントに山葵をきかせています。ホタテのヒモから取った出汁にバターとディルを入れたソースをつけて召し上がって下さい。

- 材料・分量(2名分) -

  1. ホタテ貝柱 60g
  2. レモングラス 10g
  3. ホタテのヒモ 20g
  4. コブミカンの葉 12g
  5. 白ワイン 10g
  6. ナンプラー 2g
  7. レモン汁 1g
  8. バター 4g
  9. ディル 2g
  10. 林檎 8g
  11. ビーツ 12g
  12. パイナップル 10g
  13. 大葉 4枚
  14. サニーレタス 15g
  15. 山葵 2g
  16. オリーブオイル 10g

- レシピの作り方 -

  1. 掃除したホタテを1枚10g目安にカットし、塩とオリーブオイル、レモングラス、コブミカンの葉をのせ、ラップを落として1時間置く
  2. ホタテのヒモを塩でよく揉み、汚れを落とす。オリーブオイルを敷いた鍋で中火にかける。水分が無くなってきたら白ワインを入れアルコールを飛ばす。分量外の水を入れ、沸いてきたらアクを引く。 20分程煮たらナンプラーとレモン汁で調味する
  3. シノワで漉したホタテの出汁にバターと細かく刻んだディルを加えてソースとする
  4. 霧吹きで濡らしたライスペーパーにサニーレタスを敷き、パイナップル、ビーツ、林檎、山葵、ディルの葉を乗せてから全体の半分程まで巻き込む
  5. マリネしたホタテを4枚横に並べ、その上に大葉を乗せる。両端を内側に折り込み、最後まで巻く
  6. 半分にカットした生春巻きの上にディルの葉を散らし、別添えの小皿にソースを入れて提供する

- 水産物情報 -

魚種名気仙沼 ホタテ

産 地宮城県

AN DI

内藤千博さん

東京都渋谷区神宮前3-4-12
TEL.03-6447-5447
- その他のメニュー -