次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

しょうが香る 牡蠣飯

粒の大きい宮城県桃浦産の牡蠣を贅沢に使用。具はシンプルに牡蠣と針しょうがのみです。味付けもシンプルにしたことで、牡蠣から出る出汁を余すことなく味わえる逸品です。牡蠣のだしを含んだご飯の旨みと、しょうがのアクセントをお楽しみください。

- 材料・分量(4名分) -

  1. 2合
  2. 牡蠣(むき身) 8個
  3. しょうが 10g
  4. めんつゆ(3倍濃縮) 100cc
  5. 和風出汁 適量
  6. かいわれ 少量

- レシピの作り方 -

  1. 米は洗い、水気をきる
  2. 牡蠣は片栗粉(分量外)でよく洗い、水気をとる
  3. しょうがは千切りにし、水にさらした後、ざるに上げておく
  4. 米とめんつゆを炊飯器の窯に入れ、2合の線まで出汁を入れる
  5. 5.の上に牡蠣、しょうがを入れ、、炊飯器のスイッチを入れて炊く
  6. 炊きあがったら、茶碗に盛り付け、仕上げにかいわれなどを添えて完成

- 水産物情報 -

魚種名桃浦産カキ

産 地宮城県

酒場とフライ ニコジ

本田剛さん

広島県広島市中区新天地5-19 1F
TEL.082-546-9711
- その他のレシピ -