次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

真鯛 粕漬 茶づけ

真鯛の粕漬けの上品な甘さと、焼いたことによる香ばしさ、鯛ダシの深みと旨味が絶妙なハーモニーをかもし出す、〆の一品です。

- 材料・分量(4名分) -

  1. 真鯛 4切
  2. 適量
  3. 酒粕(粕床) 200g
  4. みりん(粕床) 70cc
  5. 酒(粕床) 70cc
  6. 西京味噌(粕床) 100g
  7. 上白糖(粕床) 大さじ2
  8. 田舎味噌(粕床) 50g
  9. 山椒の実(醤油に漬けたもの) 3粒くらい
  10. 白髪ねぎ 適量
  11. ゴマ 適量
  12. あさつき 適量
  13. のり 適量
  14. わさび 適量
  15. ご飯 適量

- レシピの作り方 -

  1. (粕漬け)
    真鯛を皮付きでカット。塩を振り1時間以上置く。
    水分を取ったのち、粕床に漬ける。4日〜7日漬けたのち、取り出す。
  2. 真鯛の粕を取り、オーブンで約10分焼く。(クッキングシート使用)
    ※皮目を上にし、軽く焦げ目を付ける。
  3. 鯛のアラ骨で出汁を取り、塩、薄口醤油で味を整える。
  4. 器にご飯を乗せ、出汁を入れる。
    ゴマ、真鯛、白髪ねぎの順に乗せ、別皿に薬味を乗せて完成。

- 水産物情報 -

魚種名マダイ

産 地長崎県

一土

玉井慎太郎さん

神奈川県藤沢市鵠沼石上1-3-12 イマジンビル1F
TEL.0466-50-1161
- その他のレシピ -