次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚文化
  • 0
  • 次世代へと引き継ぐ「美味しい」日本の魚食文化
    のいただきます。
 

愛媛県産北灘真鯛と馬肉の生ハムのサルティンボッカ~カラスミがけ~

サルティンボッカとは通常、仔牛などのお肉に生ハム、セージをのせ、焼き上げますが、今回は真鯛でサルティンボッカを作りました。愛媛県産の旬な真鯛が非常に脂がのっているため、生ハムより馬肉の生ハムの方が脂身が少ないため、食材がマッチし、カラスミの塩味も感じられる一品になっております。

- 材料・分量 -

  1. 真鯛 100g
  2. 馬肉生ハム 5g
  3. カラスミ 3g
  4. ポレンタ 10g
  5. 野菜ブロード 200cc
  6. タイム 1g
  7. オリーブパウダー 1g

- レシピの作り方 -

  1. 真鯛100gカットして、うすく開く。
  2. ひらいたら馬肉生ハムスライスを5gのせる。
  3. ラップをまな板の上にのせ、ラップの上に開いた真鯛、生ハムをのせて、タイム1gをふりかけ、ラップで巻く。
  4. ブロード200ccを鍋に入れポレンタを入れ40分程たく。
  5. 蒸し器にラップで巻いた真鯛をのせ、15分蒸し焼きにする。
  6. ポレンタが出来上がったら、お皿に引き蒸した真鯛のラップを取り、カットして断面が見えるように盛り付ける。
  7. 仕上げにカラスミ、オリーブパウダーをかけて完成。

- 水産物情報 -

魚種名北灘産 真鯛

産 地愛媛県

ヴェネツィア酒場・Ombra

田口 雅也さん

東京都北区王子1-2-1
TEL.03-5980-7272
- その他のレシピ -